« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

パンク修理講習会へご参加ありがとうございました!

本日朝10時よりパンク修理講習会を行いました。初回にも関わらず7名ものお客様にお集まりいただきました、ありがとうございます。

まずパンクの種類から説明し、パンク修理の方法とチューブ交換の方法を学んでいただき、最後は実際にチューブ交換を実践いただきました。

Cimg0014

一口にパンクといっても原因は大きくわけても5種類以上あります。その最大の予防は日頃から空気圧を守ること、これにつきます。

Cimg0044

そうは言っても防げないことだって走ってたらあります。その代表例は縁石などに擦ってタイヤの横が切れる「タイヤカット」なる現象。

Cimg0043

タイヤの横に大きな穴が開くとパンク修理やチューブ交換ができても空気を入れるとお餅を焼いた時にみたいに膨らんできます。このまま空気圧を上げると爆発します。

Cimg0031

こんな感じになります。でも今回の講習会に参加された皆様はこんな事があっても大丈夫ですよね!?もちろん、こんな事が起きないためにもタイヤカットしてしまった時の対処方法もバッチリですよね!?これには実際に参加いただいた方のみにお伝えしたテクニックが必要です。もちろん、ここではご紹介しないご来店いただいた方のみにお伝えしたテクニックもございます。

Imgp0947

最後はお伝えしたことを実践いただきました。KNOWとHOWは違うのです。見るだけ、聞くだけ、読むだけなら参考書でもインターネット上の情報でも済ませれますが、実際にやるのは難しかったですね!でも出先でやっつけで作業するより、一度経験されたので少し冷静かつ適正な作業が出来ると思います。後は数をこなせば上達しますが、パンクはあまりしないに越したことはありませんね・・・。

さて、次は初心者向け日常メンテナンスの講習会を予定しています。たぶん2月中旬になるのではないかと思います。決まり次第ブログでご案内しますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今回残念ながら日程の合わなかったお客様は来週大宮店でも同様の講習会がございますので、そちらもご検討ください。

http://seobicycleoomiya.cocolog-nifty.com/oomiya/2012/01/129-e933.html

初めて山の奥地でパンクした時のチューブがポリエステル製(現在は絶版)だったので遭難しそうになったことのあるスタッフ ふじおか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾番外編

苦節1か月以上、ようやく完結です。台湾で見た変な物や楽しい物をご紹介します。

まずはレース会場から。

Dsc03892

さっそく皆さんのリクエストにお応えします。

136

目線は注意です。

139

って、人のこと言えないや・・・。

135

カメラ小僧より膝小僧の絆創膏が気になる一枚。わかりにくいかな?

111

妙な存在感のおじさんが近づいてきました。ハンドルが二本ついています。

112

違和感の原因は2階建てだからでした。3階建ても持っているそうです。

113


聞けばメリダの社員さんだそうで、自作とのことです。世界チャンピョンの証アルカンシェルが似合うブランドです。転がってたパーツで組んだのでしょうか?リアメカがチェーンテンショナーになっています。素敵です。

119

出展ブースで見つけたヘッドキャップです。軽量化とデザイン性が優れていますが、これではあっという間にスターナットが錆びてしまいますなぁ。

120

元ダウンヒラーとしては気になる8ポット対向ピストンのディスクブレーキです。レバーのタンクが異常にでかいです。強力なストッピングパワーが想像できますが、軟なフレームだと壊れますね・・・。

_100

まぁ、間違いなくレース会場で異彩を放っていたのは謎のメリダチームジャージ軍団でしょう。集合写真を撮影中に地元メディアや参加者も何事かとスナップしていました。しかしレースの完走者がこの中で2名しかいないという事実を知ったらさぞ驚かれることでしょう。

次はメリダショップにて。

123

なぞの土から発掘されたような自転車。きっとこのあとパリパリと土がとれて宇宙自転車メリダとか言って双子惑星の青い方を目指すのだと思います。

122_2

わかりやすいです。

次は台中市内にて。

133


手作りかな?なかなかシッカリと固定されていた子供乗せです。これなら作れると思った方は是非お試しください。ちなみに僕は作れません。

114

なんとか撮れた一枚。原付に4人乗りです、素敵なことにお巡りさんの目の前に止まっています。最大5人乗りは見かけましたが、こちらでは乗れるだけ乗っていいようで(と聞きました)御咎めなしです。

124

街中原付の修理屋さんです。パンクしてもそのまま駆け込めるくらい3件に1件は修理屋さんが並んでいます。この店はまだ道具なんかが揃っているほうで、中にはスパナ1本で商売していそうなお店もたくさんありました。

127

交差点の信号待ちはさながらバイクレースのスターティンググリッドです。夜になってようやく自転車を一台みかけました(この写真では原付は少ないほうです)。自転車が走れる環境じゃないのに日本と同じかそれ以上の自転車ブームだってのだから信じられません。

そんなわけで夜の街を散策中です。だってせっかく遊びに台湾に来たんですから!

128

こういうの日本では見たことないなぁ、でも何故か親近感が沸く一枚。

131_2

でもやっぱり違うなと思った一枚。

126

おっと、番外編だからいっか!?いわゆる日本でいうところミヤタやブリヂストンの看板みたいな感覚です。試しに入ってみたら怪しいやつだと思われて会話もかみ合わないので怖くなってそそくさと退散しました。

125_2

夜店では果物屋さんがたくさんありましたが、腐る前に全部売れてるのか心配になる量と人通りです。

115_3

そう、僕らが目指したのは四角いパンツのスポンジではなく、台湾名物の夜市です。

118

台湾の方は夜行性なんだそうです(ホントかどうかはわかりません)。海賊版な匂いがプンプンする商品が並んでます。安い。

130

国民的猫型ロボットと国際的鼠カップルのハイブリッド仕様です。

117

いわゆる駄菓子屋の10円ゲームが大好きな僕はここで大フィーバー。

116_2

そして今夜大人達がはまったのがこの輪投げ。100元(約250円)でバケツ一杯に輪っかを50本近くもらえます。

100元のコーラを手に入れるのに100元以上使っています。夜って人間変なテンションになるので楽しいですね。30過ぎの大人が大はしゃぎです。500元くらいつかったので250本近く輪を投げました。肩壊れますな。

そんなこんなで最後はどうでもいい台湾の思い出をアップさせていただきました。皆様の貴重な時間を浪費させて申し訳ありません。

でもまた行きたいなぁ~。次はお客様とメリダカップに参加したいですね!

夜市とか縁日という物が大好きなスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾3日目 なんとなく観光

明けてましておめでとうございました。

新年のご挨拶が大変遅くなり恐縮です。本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年から繰り越した宿題です。台湾3日目と番外編をアップします。今年もこんな感じでブログを不定期だけどなるべくさぼらないように努めてまいります。

Dsc03887_2

メリダカップ初日の土曜日はロード主体のイベントでした。二日目のMTBがメインなのでブース出展はありませんでした。台湾のロードバイク事情は日本とよく似ています。イベント会場では高級バイクがてんこ盛り!

Dsc03891_2

せっかくなので見上げ話にと、日本でみられないバイクを探したけど唯一見つけたのがこのバイク。何者でしょう?集団で固まってたのでどっかのオリジナル品かもしれません。ともかく、日本って買い物に便利ですね。

さて、この日は明日走ることになるMTBコースをウォーキングインスペクション。要は歩いて試走というわけです。その昔自分がエントリーしていたダウンヒルレースなんかではコースオープン前によく行っていました。ただ、今日は暇だったから散歩してみた程度です・・・。

Dsc03907

午後は日月潭という台湾で有名な観光地へ移動。日本でいうところの芦ノ湖?その国の人からしたら生きてるうちに一回くらいは訪れないとな、という感じの場所でしょうか?

Dsc03902

もちろんここでもメリダです。バスはここに止めてレンタサイクルで湖のサイクリングロードに繰り出します。1周40km程度だったと思いますが、とりあえず船着き所まで。

Dsc03913_2

周遊チケットで乗り放題です。

_img_3352

船で湖のあっちこっちのスポットへ順に移動します。晴れてたから超気持ちよかった!

Dsc03908_3

どういう祠なのでしょう?多分この湖の治水をした人とかそういう感じだと思いますが、現地の言葉はさっぱりわからないので不明です。でも何となく御利益を受け取りました。日本の寺院を観光に来られる外国人観光客もこんな気分なんでしょうか?

そんなこんなで、次はいよいよ最終回「番外編」です。

宿題は最後にやる派のスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »