« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

5/12(日)パンク修理講習会を行います!

Cimg0022

最近自転車をご購入された皆さん、走行中のパンクへの対策は万全でしょうか?

「パンク修理キットにポンプ、予備チューブも用意したよ!作業の方法は…そのうちやってみよう…かな。」なんてことになったりしていませんか?

自分で作業が行えるようになることで走行時の不安要素を回避することにつながり、よりサイクリングを楽しむことができます。

また、既にパンクした際のチューブ交換ぐらいなら余裕だよ?という方もぜひご参加下さい!

タイヤに穴が空いた場合の対処法等、新たな発見があるかもしれませんよ?

参加をご希望の方は5/12(日)に当店にお集まり下さい。午前9:30から店内にて行います。

パンクの原因や種類、作業の方法などをご確認頂きご希望の方には実際に体験して頂けます。

基本的な機材等は当店の方でご用意致しますので手ぶらでお越しいただいて構いません。

また、講習会参加の際の事前申し込みなどは特に行なっておりませんので皆様お気軽にご参加下さい。

ちなみに講習会といえば毎回スタッフふじおかが行なっていましたが今回はスタッフ佐藤が行います。 (沢山の人の前でしゃべるのはとても苦手なのですが頑張ります。)

その他ご不明な点はスタッフ佐藤までお気軽にお問い合わせ下さい。

当日テンパってしまわないかとても心配な スタッフ佐藤

| | コメント (3) | トラックバック (0)

脱テルクレンチ 「スペシャライズド トルクレンチ」

ボキ=やっちゃたけど、なんとかなる場合がある。

ヌル=やっちゃったけど、なんとかなる場合もある。でもたいてい絶望的。

メキ=やっちゃったので絶望的。直すとしたら専門業者の出番。

とまぁ、いわゆるボルト(ネジ)を回していて、必要以上の力で締めた時に起こる現象を擬音化してみました。ボルトは締め過ぎると折れます(ボキ)、ボルトは締め過ぎると雌ねじ側が破損します(ヌル)、ボルトは締め過ぎると対象物そのものを破損します(メキ)。こういったトラブルに出くわさないにしても、強く締めれば必ずしも緩みにくいというわけではなく、逆に緩みやすくなるという現象まであります(詳しい説明は割愛)。また、いざ緩めようとした時に緩めれなくなる現象も発生します(詳しい説明は割愛)。

そうならないために、製品には指定トルク(締め加減を数値化したもの)の記載があります。ない場合はボルトの太さと対象物の素材からある程度の決め事的な数値を予測して作業します。

Cimg0042

クランクだったり。とれたら大変ですよね。

Cimg0041

ステムだったり。動いたら大変ですよね。

Cimg0039

シートバンドだったり。フレームが割れたら笑えないですよね。

Cimg0043

壊さない締め加減ってのは、長年ボルトや工具と付き合っていれば何度も痛い目にあいながら身につきますが、絶対的な数値を身体で覚える「テルクレンチ」ってのはやはり信用なりません。なので、私たちの作業でも重要な部分は必ずトルクレンチという計測工具を使用します。

Cimg0037

とはいえ、トルクレンチはここ数年で値段が下がったといっても2万円前後するいわゆるプロ工具です。そこで今回ご紹介するのはスペシャライズドの「トルク」という商品です。

Cimg0036_2

通常トルクレンチは測定範囲を調整できますが、こちらは予めセットされているトルクしか計測できなくなっており、単機能化することで手頃な価格となっています。5.1Nm・6.2Nm・13.5Nmの3種類がラインナップされており、先述のクランク・ステム・シートポストバンドあたりに調度良くなっています。表示トルクを過ぎると強制的に空回りするようになっています。

Cimg0038

先端は4mmと5mmのコンビネーションビットが付属します。

固定対象物がカーボンだったり、軽量パーツの場合は是非使用していただきたいです。特にカーボンフレームのシートバンドがメキっとなったら大変です。サドルの高さ調整を頻繁に行う方は是非!

ちなみに、表示されている指定トルクは大抵の場合が限界値で、それを下回るトルクで固定が確認されれば無理に締める必要が無い場合がほとんどです。逆に指定トルク内でも最大値で締めたほうがトラブルが出やすいのでご注意ください。

失敗を経験して成長するってホントだと思うスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できるかい、笑顔! 「サイスポ6月号」

E0

サイクルスポーツ6月号が届きました。当店では以前にもご案内しましたが、少量ながら通常の販売日よりも早く届くことがあります。レジ横に置いているのは売り物です。

E1

今月号はファン必笑必見です。

最近ブログが滞りがちなので、今回は軽めなネタで・・・。

そろそろうちの広告の内容も変えなきゃなぁと思いつつ11ヶ月目のスタッフ ふじおか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

土の上を走ってなんぼ 「MTBライド 相模湖プレジャーフォレスト」に行ってきました

001

当店としては初のMTBサイクリング企画として相模湖プレジャーフォレストに行ってきました。大宮店との共同開催ということもあり、沢山のお客様にご参加いただけました。

002

MTBライドというと、とっても敷居が高そうに感じられると思いますが、相模湖プレジャーフォレストはとても整備の行き届いたダートなので誰でも楽しめます。最初は初心者ラインを2周しましたが、すぐに皆さん初心者ラインでは物足りなくなられたようで、どんどん中級者向け以上のラインにチャレンジされていました。

005

MTBでの醍醐味は下りのイメージが強いですが、実は登りも難しいのです。ロードバイクに普段乗っている方も、ペダリングを丁寧にしないと後輪が滑ったり、重心をうまくとらないと前輪が浮いたりして上手く登れません。

Newimage2_2


ちょうど私がチャレンジしているのはベアバックという激登りセクションです。この動画のあと、転がり落ちました(笑)この日転んだのはこのセクションだけです。未だかつて登れたことがありませんが、プロレベルのライダーはこの激坂もスイスイ登っていくというのですから信じられません。

6

皆様撃沈です。こちらの方が一番登れました。惜しい!!

7_3

自分含め何度もチャレンジしてみた人がいますが・・・。

8

皆に見守られるなか・・・。

9

そうそうに撃沈・・・。

003

最後はひたすら舗装を登ってひたすら下るトレイルラインにも挑戦者が!

011

まぁ、そうは言ってもダウンヒルのスリルはたまりません!アドレナリン全開ですな!!

012

実にいい天気の楽しいMTB日和でした。

またMTBライドを企画しますので、たまにはスタッフふじおかとも遊んでください!今回もMTB初めてという方に多数参加ただきましたが、楽しんでいただけたようです。バイクもご用意しますので是非!

ps:せっきー君の気合の入ったダウンヒル写真が加工中に消滅しちゃいました。ごめんよぉ~。

10年前なら登れたと思う痩せてるけどプヨプヨのスタッフ ふじおか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

輪行ライダーにオススメ 其の四 「普段着っぽいサイクルウェア カペルニュール」

レーサージャージって派手ですよね。車道を走る上では車側からの視認性を高め、事故の予防につがなるという意味もあって派手であることに意味があります。が、電車にそのまま乗るにはやはり派手すぎるというもの。また、電車に乗らずとも買い物で店に入るにもやはりTPOはわきまえた方が色んな意味でスマートかと思います。

Cimg0026_2

そんなわけで、今回ご紹介するのはカペルニュールというブランドです。

ジャージとパンツの制作は日本製の日本ブランドです。ウェーブワンという会社の持つブランドで、オーダージャージの制作もしており、アンカーなど主要国内チームのジャージも手がけています。

Cimg0027_2
モノトーンストレッチ半袖/千鳥

なんともサイクリングジャージっぽくないデザインです。機能面ではUPF50+という非常に高いUVカットをもち、とてもしなやかな生地で作られています。

Cimg0028

ファスナー部分はデザイン性を重視したメタル調のものをあしらっています(金属ではありません)。

Cimg0029

ライオンベルギーチェック半袖

カペルニュールの代表的なモデルです。吸汗・超速乾機能ウェアです。

Cimg0030

ライオングリーンチェック半袖

色違いの背面です。

Cimg0031

COOLMAX半袖ジャージ

世のスポーツウェアに採用されている代表的なクールマックス生地をつかった基本ウェアです。

Cimg0032

ライオンマークはご丁寧に刺繍されています。シンプルなシルエットなので、普段着使いもOKかと思います。

Cimg0033

チェック半袖とクールマックス半袖には背面のポケットにファスナー付きのサブポケットがついています。

Cimg0034

しかもこのファスナーはロック機能付きなので中身を落っことす心配がありません。

Cimg0035

基本的に男女兼用ですがこのモデルのみ女性向けのカッティングをしたものが用意されています。

別に自転車用でなくともスポーツウェアなら良いではないか?と思われがちですが、自転車用のものは乗車姿勢を考慮して背中の丈が通常のスポーツウェアより長くなっています。また、数あるスポーツの中でもロードバイクの場合は身体をアクティブに動かさないのも特徴で、その分タイトに作られています。吸汗・速乾という生地的な意味合いでは問題ないのですが、やはり専門品は優れていることが多いのです。

お洒落って言葉は苦手だと思っている方、カペルニュールのターゲットは中高年だそうですよ!それが証拠にサイスポで連載している「ゆる旅ムサシ」に登場する方もカペルニュールを着用しています。もちろん若い方が着ていただいても様になります

メーカー希望小売価格
モノトーンストレッチ半袖/千鳥 10,290円
ライオンベルギーチェック半袖 10,920円
ライオングリーンチェック半袖 10,920円
COOLMAX半袖ジャージ 7,875円

あ、輪行の帰りは汗の匂い対策もお忘れなく・・・。

お洒落って言葉は苦手なスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪行ライダーにオススメ 其の三 「スペシャライズド ライムMTBシューズ」

前回に続き、シューズです。

Cimg0026

スペシャライズドのライムMTBというモデルです。シマノクリッカーシリーズほど「歩く」ことに特化しているわけでもありませんが、十分なしなやかさを持っていることと、何よりデザイン的に安っぽくない!と個人的に思うのでオススメなのです。普段着でもバイクジャージでもどちらにもマッチする稀有な存在です。

Cimg0027

レーサータイプほどではありませんが、ある程度のダートを想定していて、MTBライドにも十分対応します。トレイルライドくらいならガチなレーサータイプより楽かもしれません。

そして、紐ではなくベロクロとワイヤー巻き取り式の「BOAシステム」を採用することでしっかりとしたペダリングが可能です。ベロクロだけだと、泥がつくと固定が弱くなりますが、BOAシステムのおかげでしっかりとしたホールド力をキープできるのも◎です!

バイクがスペシャライズドでなくと、是非ご検討ください。

メーカー希望小売価格 16,800円 販売価格はお問い合わせください。

フラットペダルでダート走行は絶対無理なスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPSログで自分のルートを記録しよう!(CATEYE CC-GL50)

サイクリングから帰ってきた時にふと今日自分が何処を走ってきたのか気になることはありませんか?

そんな時にはGPSでログをとって確認してみましょう!

 

GPSログをとるのならこちらの商品「CATEYE CC-GL50」がオススメです!

Imgp3481_2

キャットアイから最近発売された新しいサイクルコンピュータです。

他のモデルと大きく違うのはGPSログが残せる事とANT+規格に対応しているという所です。

まず、GPSによってログを記録することが出来るため一日走って来た後に自宅のPCで自分の走行したルートの履歴を確認することが出来ます。
更に誤差が出ることがありますがGPSを利用して速度と距離を計測することができるようになっています、このためセンサーがない状態でも計測することができるようになっています。(出先でセンサーが故障した時なんかでも使うことができます)

走行ルートは自分で覚えておいて後で地図を見て確認しても良いのですが、GPSでログを取っておくことでより正確に記録しておくことができます。

ログの確認の仕方は、この商品自体ではマップを開いたりは出来ないのでパソコンに繋いで確認を行います。

Imgp3485

付属のこのコードを使います。

Imgp3486
こんなところに端子が隠れてました。

Imgp3487

こんな感じでくっつきます。コレをパソコンに繋ぎ、本体からデータを呼び出しCATEYE Atlasというサイトにアップデートをして確認することができます。

近場のいつも回っている所のログを取るのも面白いですが、例えば自分は道の名前(県道◯号とか)に疎いので、知り合いの方に自分の知らない場所に連れて行ってもらった場合のルート確認にGPSログを使い、次回一人で出かける場合のルート作りに利用したりといった使い方をすると世界が広がって面白いと思います!

次に、ANT+規格のセンサーが使えるようになったので、いままでANT+規格のセンサーを使っていた方はディスプレイ本体の増設だけでそのまま使うことができますし、今ANT+のセンサーをお持ちでない方にはキャットアイのオプションパーツで「ISC-11」というスピードとケイデンスのセンサーが一体化しているものがありますのでそちらをお使いください!

Imgp3491
これが「ISC-11」です。キャットアイではもはや定番の形ですね!
ちなみにこれはANT+用なので今までのシリーズには使えません。

ANT+へ対応したことにより、外ではCC-GL50を、自宅ではiPhoneでミノウラのLive training使うと言った場合にも一つのセンサーで行うことが出来るようになり、その上スピード&ケイデンス以外にもANT+対応のハートレート(心拍計)やパワーメーターのセンサーを繋いで使用することが出来るようになりました!

更にディスプレイ自体がとても大きくなりました!

Imgp3489

右がCC-GL50、左がキャットアイ製品の中で基本的な性能を持っているCC-MC200Wです。

ぱっと見で分かるくらい大きいのでこれなら各種表示も今まで以上に見やすいですね!

今のサイクルコンピューターが小さいと感じていた方にもオススメです!

GPS搭載の商品が気になっている方はご検討される候補の一つに含めてみてはいかがでしょうか?

以下基本情報になります。

「CC-GL50」

・速度(走行速度、平均、最高)
・時間(走行時間)
・距離(走行距離、積算)
・心拍/ケイデンス/パワー(別途ANT+センサーが必要)

メーカー小売希望価格 ¥15,750

「ISC-11」
ANT+対応スピード&ケイデンスセンサー

メーカー小売希望価格 ¥8,925

当店での販売価格はお問い合わせ下さい。

自転車で知らない場所をあてもなく走るのが結構好きなスタッフ 佐藤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪行ライダーにオススメ 其ノ二 「シマノ クリッカーシューズ SH-CW40&SH-CT40」

輪行の時の問題の一つに「シューズ」があります。

フラットペダルを使っていれば問題無いのですが、ビンディングシューズだと電車に乗るのは大変です。特にロードペダル&シューズの組み合わせだと、ハッキリって苦行です。座れれば良いですが、万が一立っていなければならないとなると、ペンギンスタイルでは無理ですね。電車の揺れに対しても踏ん張りがきかないので大変危険です。

ではどうするか?一つは「電車用の靴を持っていく」ということ。輪行するくらいですから、バックは背負われていると思うのでその中に自転車シューズは入れておいて、電車に乗る時は履き替えるという方法です。荷物は増えますが、余計な出費はかからないというメリットがあります。たま目的地の駅が一つなら、その駅にコインロッカーがあれば電車用靴は置いておくという作戦もとれます。

とはいえ、やはり荷物は少なくするのが「達人」というもの。達人や名人と呼ばれる人は道具に対しては惜しみません。そこで今回ご紹介するのは・・・。

Cimg0028

シマノが提唱するクリッカーというラインナップのシューズ SH-CW40(女性向け)とSH-CT40(男性向け)です。

Cimg0029

言わずもがな「歩く」ことを前提としたSPDシステムなので、歩行時にクリートと地面が直接当たることはありません。

Cimg0034

それじゃぁ、MTBシューズでも良いのでは?

Cimg0035

ロード向けSPDシューズでも良いのでは?

Cimg0036

いいえ、MTB・ロード向けのシューズはペダリング効率を求めてソールが固くなっているのです。なので殆どしなりが無いので歩いたり、電車でバランスをとるような踏ん張りは効きづらいのです。

Cimg0037

こちらのシューズは歩くことを主眼においているので、普通のスニーカーのようにしなります。また、紐で固定しているので、より一層疲れが少なくなります。

Cimg0039

ペダルを交換するのが面倒かもしれませんが、是非一組ご用意いただければ輪行の達人へ一歩近づけます。

Cimg0038

スーツにスニーカー、そんな人を見かけたらそれは自転車乗りかもしれない・・・。

VANSのSPDシューズが現在家の中から行方不明のスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輪行ライダーにオススメ 其壱 「シマノ ルーズフィットショーツ&キャノンデール クォーターパンツ」

前回の輪行講習会にて、服装についてうっかり話忘れていました・・・。そう、電車に乗る以上バイクジャージ&パンツバリバリ全開ってわけにはいかないのです。

Cimg0030

そんなわけで、今回ご紹介するのはいわゆる「短パン」です。自転車乗りにとってレーパンは正装なのでして、上に何か重ねるなど邪道と考える方もいらっしゃることと思いますが、一般の方からするとレーパン姿のほうが不思議な格好なのです。

Cimg0018

さて、薄手な短パンであれば別に自転車用にこだわる必要もないと、商売下手な私としては正直に申し上げるのですが、それなりな品質の短パンは結局当店で販売しているものと対して値段が変わらないので、せっかくだったら専門品を購入いただきたいと考えています。

まずはシマノのルーズフィットショーツなる商品。

Cimg0021

なんのこっちゃ分からない写真になっていますが、取り外し可能なインナーパンツが付属しています。これはほぼ同レベルのインナーパンツ単品だと3,800円もするものなのでお買い得です。また、ショーツと連結する作りになっているので、ショーツのバタつきを抑えることができます。

Cimg0017

お次はキャノンデールのクォーターパンツ。こちらはレッグカバーが付属するというお買い得♪ちょい寒&日焼け対策ができます。

Cimg0020

自転車用品らしく、サドルとの背色面は補強されています。

Cimg0019

腰回りはメッシュの通気口があるので蒸れにくくなっています。

恐らくレーパン姿で電車に乗る勇気をお持ちの方のほうが少ないと思いますが、勇気よりもマナーだと思ってレーパン姿で電車に乗られるのは控えましょう。

メーカー希望小売価格
シマノ ルーズフィットショーツ 8,400円
キャノンデール クォーターパンツ 9,430円

短パンは正装だと思っているスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月14日(日) MTBライドの集合について

Sagamiko

皆樣、4月14日(日)は相模湖プレジャーフォレストにMTBライドに行くというイベントがあることを覚えていただいているでしょうか?(笑)

さて、その移動についてですが基本現地でお願いしたいと考えております。場所と時間はプレジャーフォレストに行く時に必ず通ることになる県立相模湖公園に9時でお願いします。

Tizu

MTBをお持ちで無い方のために5台試乗車を用意しております。普段ロードバイクにしか乗ったことが無い方も十分楽しめるコースですので、是非この機会にご参加ください!台数には限りがありますが、コースは短い周回コースを主体にしているので交代でご利用いただければと思います。また、ちょうど当日は別のMTBイベントも開催されていて、メーカーブース出展もなされているのでMTBの雰囲気も楽しめると思います。

試乗車をご利用のお客様は取り急ぎヘルメット・グローブ・動きやすい格好(基本ロードバイクと同じです)・ボトルのご用意をお願いします

ご参加をいただける方は藤岡までご連絡をお願いします。

最後に、今年よりサイクリングなどの野外イベントにご参加いただくに辺り、より一層の安全の確保のため参加車体は事前に当店にて点検を受けていただく事と、簡単な障害保険への加入を参加の条件とさせていただきます。合わせまして、安全意識も共有させていただきたく参加にあたっての注意事項等の同意書への署名をお願いいたします。ご面倒ではございますが、参加者皆様に楽しんでいただくための取り組みですので、ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。

同意書についてはコチラをご確認ください。

自称晴れ男の大宮店の店長と大宮店のお客様も同行します。みんなでワイワイと楽しめればいいですね!天気は大丈夫です!!

自分も晴れ男だと自負しているスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/7(日)の輪行サイクリング中止のお知らせ

4/7(日)に予定していた千葉県館山市への輪行サイクリングは、当日関東地方の天気が大荒れという予報のため、残念ながら中止とさせて頂きます。

ご参加を予定されていた方々にはご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。

また今後も色々とサイクリング等のイベントを企画致しますのでその際は是非ご参加下さい!

最近雨男というワードが心に刺さるスタッフ佐藤

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4/7(日)輪行サイクリングの詳細

先日告知させて頂いた4/7の輪行サイクリングのルートなどが決定しましたのでご連絡いたします。

まず集合場所と時間ですが、館山に10時前には到着したいと考えています。

輪行袋に詰める時間なども考慮して5時に当店前に集合をお願い致します。

その後川口駅前にて自転車を輪行袋に詰め、川口駅から京浜東北線で南浦和へ、そこから武蔵野線で南船橋、南船橋から京葉線で蘇我へ、内房線に乗り換えて館山を目指します。

現地に到着後は各自袋から自転車を取り出し、下記のルートにて房総を周った後、15時頃再び館山駅へ戻り輪行で19~20時頃に当店への到着を予定しております。

上記の内容での行程を予定しておりますが、時間や各自の疲労具合等によってルート等を多少変更する場合がありますのでご了承下さい。

尚、前日の時点で4/7(日)に雨または雨が降る可能性がある場合は中止となります。
その際はブログで告知をさせて頂きますのでご確認をお願い致します。

電車の乗車時間や乗り換えなどご不便をお掛けすることもあるかと思いますが皆で楽しめるよう努力致しますので宜しくお願い致します。

ここまで輪行で行けたらどこにでも行ける様になる気がする スタッフ 佐藤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »