« 5/12(日)パンク修理講習会を行いました! | トップページ | 5/26(日)初心者向けまったりサイクリング行います! »

一粒で二度美味しい 「パナレーサー VCT-2 バルブコアツール」

一粒で二度美味しい的なアイデア商品が大好きです。

Cimg0068

今回ご紹介するのはパナレーサーのVCT-2という商品。

Valve

Core

Tool

2個入り

まんまですね。

Cimg0055

何に使うものかといいますと、世の中にはフレンチバルブの「コア」部分の取り外しができるチューブがあります。そのコアを取り外すための道具です。

Cimg0056

こんな感じに。

Cimg0057

なぜバルブコアをわざわざ外す必要があるのかと言うと、チューブラータイヤのようにバルブの長さが選べないのにリムハイトの高いエアロホイールを使う場合にバルブを延長する必要があるからです。

その他、チューブ内にシーラント(空気漏れ予防の液体)を入れる作業をするときや、単純にバルグコアを破損した時に付け外しします。

Cimg0059

Cimg0060

延長バルブを元のバルブにセットし、バルブコアを延長バルブにセットするには、本来であればパークツールのVC-1というような専用の道具が必要です。

Cimg0066

延長バルブをセットするだけならラジオペンチがあればできますが、バルブコアは繊細な部分なので専用の道具を用意したほうが安全です。

Cimg0063

さて、そこで登場するのがVCT-2なのです。こちらはバルブコアの付け外しができる工具となっています。

Cimg0064

使い方は簡単、バルブコアに被せて回すだけ。

Cimg0065

そして逆さまにつけるとバルブキャップになります(Panaracerのロゴが反対になっています)。なので、持ち運びにとっても便利なのです。チューブラータイヤが不意にパンクした時、タイヤごとの交換が必要になるのですが、その際にバルブコアツールがないと痛い目にあいますぜ。

Cimg0067

カラーは4色展開です。単なるバルブキャップとしてもキレイです。販売価格は500円です。

Cimg0066

ちなみに、バルブコアの付け外しをするときはバルブの根元をペンチ等で抑えておく必要があります。抑えないとバルブの根元がねじれて千切れることがあるのでご注意を!!

ちなみにちなみに、バルブキャップはなぜするのか?それはバルブコアの物理的なダメージの保護のためです。フレンチバルブのバルブコアは案外脆いのでぶつかったりすると折れたりします。その昔、レースに携わっていた時に先輩メカニックから「バルブキャップは絶対につけろ」と言われたことがあります。メカニックはライダーが無事にゴールできてなんぼの世界、その方はバルブキャップをつけなかったばかりにライダーをゴールさせれなかった苦い経験をお持ちでした。「軽量化」とか言っても知れています。考えられるリスクは無くしましょう。

ちなみにちなみにちなみにMTBライダーは米式バルブを好むのはバルブが米式のほうが強いからです。そして米式バルブにキャップをしなくてはいけないのは土など異物がバルブ入るのを防ぐためです。

ちなみにちなみにちなみにちなみにママチャリの英式バルブにキャップをつけるのは虫ゴムの劣化を防ぐ役割があります。外しても空気は抜けません、たまに小学生くらいが「早く締めろ!」と騒いでいるのをみると当時の自分を思い出します。

そんなわけで、一粒で二度美味しいバルブキャップのご紹介でした。

英式バルブなんて無くなればいいのにと常々思うスタッフ ふじおか

|

« 5/12(日)パンク修理講習会を行いました! | トップページ | 5/26(日)初心者向けまったりサイクリング行います! »

お勧め商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211319/57361818

この記事へのトラックバック一覧です: 一粒で二度美味しい 「パナレーサー VCT-2 バルブコアツール」:

« 5/12(日)パンク修理講習会を行いました! | トップページ | 5/26(日)初心者向けまったりサイクリング行います! »