« 今日の川口店 「2014ビアンキの展示会に行ってきました」 | トップページ | 今日の川口店 「締め後だから続々入荷」 »

少し重くなっても軽くなる 「カーボンドライジャパン ビックプーリーキット」

Dsc_0210

カーボンフレームの修理を行っているカーボンドライジャパン(以下CDJ)からリアディレーラーのプーリーをビックサイズに変更する「ビックプーリーキット」が発売され、当店にも少量入荷しました!

Dsc_0204

プーリーとはリアディレーラーにある歯車のことで、上段を「ガイドプーリー」下段を「テンションプーリー」と呼びます。このビックプーリーキットは下段のテンションプーリーが通常の11Tから15Tに大口径化されています。

こうすることでチェーンラインの抵抗、スプリングの抵抗、プーリーの回転抵抗を軽減することができるというのです。多少の重量増になると思われるのですが、効果は期待大です。

海外のバーナーというメーカーで同様のキットが販売されていますが、生産量・供給量が極めて少なくなかなか手に入らない幻のキットとなっています。生産量と供給量がイコールでないのは、プロ選手が好んで使っているのでそちらへ生産分が優先的に回っていくので市場に流通することが少ないということなのです。

バーナーとの違いは上段のガイドプーリーがバーナーが13Tとなっているのに対してCDJは11Tを維持しています。こうすることで懸念される変速性能の低下を防いでいます。その辺りは「日本設計」に期待です!

Dsc_0208

カラーはカーボン地にクリアーを吹いただけの「クリアー」とブルー調レッド調のクリアーを吹いた「クリアーレッド」、「クリアーブルー」それにカーボン地を残した「マットカーボン」の4色展開となります。

Dsc_0209

当店にはクリアーレッド、クリアーブルーがあります!どちらも遠目にみたらブラックに見えますが、よく見たら色が付いている程度の控えめな色合いです。せっかくキットでチュービングするならこれくらいの遊びココロは一緒に搭載したいところです♪

Dsc_0203

とりつけはちょっと面倒そう・・・。

さて、このカーボンドライジャパンが作るキットはバーナーよりも約2万円ほど安い39,900円となっています。安いのか高いのか?機材でタイムが買えるのも機材スポーツの醍醐味です。

昔はサスペンションの得体の知れないチューニングパーツもあれこれ試してたスタッフ ふじおか

|

« 今日の川口店 「2014ビアンキの展示会に行ってきました」 | トップページ | 今日の川口店 「締め後だから続々入荷」 »

お勧め商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211319/58237209

この記事へのトラックバック一覧です: 少し重くなっても軽くなる 「カーボンドライジャパン ビックプーリーキット」:

« 今日の川口店 「2014ビアンキの展示会に行ってきました」 | トップページ | 今日の川口店 「締め後だから続々入荷」 »