スタッフボイス

「四国一周分割払い4年目 高知ラウンド 中村~高知」

川口店のお客様、お久しぶりです非常勤スタッフの藤岡です。

今年も帰省して四国一周分割払いライドを行いましたヽ(´▽`)/辻君からせっつかれたので書きますよ。

以前のサイクリングの模様はこちら↓

さて、今年も昨年一緒に走ったヨッシーさんと一緒に走る予定でしたが、あいにくと台風の影響で当初予定日は中止(雨予報よりも向かい風6メートル予報に心が折れる)。その後天気の様子をみて今回は独りで走ってきました。

Image

今年のルートは前回ゴール地点の中村駅からいよいよ高知市までです。毎度問題なのがリスタート地点までの移動手段。今回は高知市内まで車で移動し、高知市から輪行して中村まで移動という運びとなりました。家から高知市内まで車で約2時間ちょっと、高知市から中村まで始発電車で約3時間です。2時に家を出て多めの休憩を取りながら高知市内へ、あてにしていた駐車場が営業時間外だったので高知市内を彷徨いつつ、なんとか車を止めて駅まで自転車で移動。

Image_2

高知市内の夜明け。なんとなく南国情緒があります。

Image_4

ここで始発待ちです。

Image_6

駅の外観の写真を取り損ねたのでホームから。某宇宙戦艦の艦橋の中の人に気分になりました(わかる人だけわかるネタ)

Image_13

電車は途中乗り換えがあります。鈍行で比較的時間があるのでここで仮眠と思っていましたが、車内が寒くて寒くて寝たら死ぬと思い、本日睡眠不足確定であります。去年も同じ思いをしたので、今年は不要なトレーナーを用意して到着したらその場で捨てるという対策をとっていたものの、寒すぎでした。トレーナーがなかったら凍死していたと思います…。次はホッカイロも用意しよう。

Image_14

くろしお鉄道 ここで乗り換え。

Image_15

何はともあれ中村に到着、そして出発です。ピーカンです。9時をまわって、すでに暑い。ですが、身体を解凍するにはちょうど良いかも。多少このあたりの土地勘ができていたのでまずはコンビニで飲み物などを準備。

今回はひたすら国道を走る走る走る。たぶん面白いことはない。

Image_16

道の駅にはかならず立ち寄ることにしています。

Image_17

Image_40

おお、ちょっとした宇宙船みたいだな。小学生の頃、給食で鯨の竜田揚げが出ていました。

Image_18

逆から見たらなんだかわからなかったけど。

Image_19

なるほど漂流物。

Image_20

ミンナタネ…。「~」←こんな形したのも種なんですね。

Image_21

太平洋。

Image_22

Image_23

ごつごつした岩しかありませんが?

Image_25

THE無人駅。電車で来た道を自転車で戻るという、なんともエネルギーの無駄使い。

Image_27

いよいよ山岳ステージ。

Image_28

道の駅にて。去年食べたのも美味しかったけど、こちらは更に美味し!本格藁焼きタタキです。

Image_29

予報では37℃とか言ってたけど、そんなに暑くない。暑いのは得意なのです。帰宅後家族友人一同に「暑かったでしょー!」と言われましたが今回の旅の印象は電車が寒くて死にそうだった方が印象深い。

Image_30

もうね、止まりそうなスピードでしか登れません。
今回のルートの最高峰(たぶん)

Image_32

だらだら登ってたらいつのまにやら景色も素晴らしい。けど、対向車線側なので写真を撮りに行く元気はすでにない。とにかく腹いっぱいになった後だけに眠い。今回の旅で今更気づいたことですが、四国を左回りに走っていると景観がよいのは、対向車線側が主に続くということ(おもに海岸線)。今回はいわゆる内回りをしているわけですな。今更しょうがない。

Image_33

三度道の駅。高知名物アイスクリンを食べる。去年足摺岬でも食べたけど、こっちの方が本場の味でした。幼いころは国道沿いにパラソル立ててアイスクリンを売ってるおばちゃんが居ましたが、まだ出会えない。絶滅したか?

Image_34
Image_35

四万十川だけが川ではない。

Image_36

陽が陰ってきました。じつは途中眠すぎて道すがらの東屋で仮眠をとったせいでかなり遅くになっております。

Image_37

高知市に入った時には日没も間近。瀬戸内側で育った者としては太陽が山間に沈むことに違和感を覚えるのであった。まぁ、埼玉に住んでいるとそんなことを感じることもありませんがね。桂浜を見て行こうと思ったけど途中でルート変更。後半になるにつれ写真もネタもなくなってきます(笑)

Image_39


そして日没ぎりぎりでゴール。迷わずクルマを停めた駐車場に付いたのは、今朝散々市内を徘徊したおかげ(笑)

今回はダイナミックな景観もなく、ひたすら移動でした…。

Image_41

今回の軌跡もキャットアイアトラスにアップしています。オートラップをオフにするのも忘れていたのでアイコンだらけぇ…(;´д`)止まるような速度でしか走っていません(笑)

さて、来年の予定は室戸岬です。四国の先っちょには何かあると思うので、ちょっと期待していますがどんどん実家から離れていきます。移動についてどうするのか、今から悩みの種でございます。

年々身体がポンコツになっているのでゴールできるかどうか心配なスタッフ 藤岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四国一周分割払い3年目 高知ラウンド」

川口店非常勤スタッフの藤岡です。
今年も早めの夏休みをいただき、帰省がてらサイクリングをしてきました。
以前のサイクリングの模様はこちら↓
さて、前回は高知県に入ったところ「宿毛」という難読な街まで到着していたわけで、今回のスタート地となるわけです。ここからの問題は実家のある松山からリスタート地点までの交通手段です。
Image_2
地図を眺めてクリティカルな解答をひらめきました。車でゴール設定地(中村駅)まで行き、輪行でスタート地点(宿毛駅)まで移動するということ。ちょうど今回のルートは四国の左下のでっぱり部分「足摺岬」なので良いルートが描けました。レアなポケモンを探しにレッツゴー!
朝2:30分、今回は私のかみさんの友達の旦那さんというヨッシーさん(仮)と同行することになったので迎えにいき、四国名物対面通行の高速道路をひた走ります。
Dsc_0158

そして中村駅から始発で宿毛に戻ります。
Dsc_0159
あとは単純、行けばわかるとたかをくくってスタートしたら早速間違えました(笑)そのあたりはキャットアイアトラスの軌跡が物語っています。
Dsc_0164

えんやこらと炎天下の中走っていると怪しげな施設を発見。
Dsc_0163


今回は時間に余裕もあるので立ち寄ってみる。
施設まで片道500mあるらしく、足場の悪い中ビンディングシューズはちょい危険。
Dsc_0206
Dsc_0212
Dsc_0213

弘法大使が「見逃した」として名づけらた「見逃し岩」。自然の不思議を感じます。岩を見ると夫婦にしなくてはならないのでしょうか?
Dsc_0168

さて、施設は海底館なるものでらせん階段を下りていきます。
Dsc_0190_2

下り立った先はサンゴ礁のある海底へ。
Dsc_0189
魚魚魚!
Dsc_0183
Dsc_0195
Dsc_0179
涼しくて快適でした。
Dsc_0217
さて、また炎天下をひた走ると次はジョン万次郎記念館を発見。
Dsc_0214
「ホッタイモイジクルナ」くらいの知識しか持ち合わせていませんでしたが、たいそうな偉人さんだったのですね。
Dsc_0218

そろそろ腹も減ったので次の目的地はお魚センターなるところ。
Dsc_0220
カツオのたたきを食す。正直好きではないほうの食べ物でしたが、今まで食べてたものが間違いだったと気づきました。カツオのたたき美味しい♪
あとは目的地の四国最南端を目指すのみ!
Dsc_0224

んで到着。
Dsc_0227_2

瀬戸内海はいいやね、と勘違いしながら海を眺めてましたがここは太平洋。
Dsc_0230
この先にはアメリカがあるんですね。
Dsc_0221
とある事の名所なんて言われているようですが、まぁ確かに落ちたら助からないですね。ポケモンに足をさらわれないように注意しましょう。
Dsc_0233
ヨッシーさんお疲れさま。まだ残り半分あるよ。
Dsc_0238

展望台までの道すがらにあったお茶屋さん。高知といえば「アイスクリン」を発見。秋田のババヘラと並んで個人的に日本三大アイスに認定しています。美味い~♪
Dsc_0242
そして後半戦。ここからは特に面白そうな観光施設はなさそう。とにかく走る。
Dsc_0246

適当に休憩に入ったところで埼玉名物「河川敷のサイクリングロード」を、ここ四万十川で発見。
Dsc_0247
川沿いのサイクリングロードってものいいやね。と海ばかり見ていたので思っていると、
Dsc_0251

ほどなくして階段を上る羽目に・・・。
んでゴール。最後の写真を撮り忘れました( ´;ω;`)
Dsc_0255
ゴール写真の代わりに関東では見れない瀬戸内の夕入りの写真でも・・・。
さて、今回の旅の相棒をご紹介。
Dsc_0219

毎度サイコンの充電が途中で切れるので、モバイルバッテリーにもなるめちゃ明るいライト。詳しいことは大宮店のブログにアップされるでしょう。もちろんスマホの充電も可能です。ポケモン探しのお供にも良いかもしれません。
さてさて本日よりしばしの間、スタッフ辻が交代で夏休みに入りますので非常勤スタッフとして川口店におります。「ブログを見たよ」という方に先着でお土産をプレゼントします。是非ご来店くださいね♪
ポケモンには全く興味のないスタッフ 藤岡

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日からの川口店 「新店舗で営業です!」

Dsc_0039

今日から新店舗で営業です!

Dsc_0040

駐車場は3台あります。車止めの都合前向き駐車でお願いします。

Dsc_0041

入り口エリアは広めにとりました~。

Dsc_0042

Dsc_0043

仕入先よりお花を頂戴しました。

Dsc_0044

以前より広めに展示。

Dsc_0046

その分パーツはみっちり・・・。

そんなこんなで、なんとか開店に間に合いました!我々スタッフも配置とか不慣れですが、新しい川口店(店長も含めて!)よろしくお願いいたします。

旧店舗で無くしたMY工具がついぞ発見されなかったスタッフ 藤岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい川口店 「明日 金曜日は仮営業」

Dsc_0041

昨日、水曜日はあちこちのセオサイクルの強者が結集し引っ越し。

Dsc_0039

段取りなんてあってないようなもの。

( ´_ゝ`)

Dsc_0042

旧店舗はこんな感じです。

で、本日の状況は・・・?

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)

明日できることは明日やろう、途中だらけは生きてる証拠。

旧店舗が名残惜しいスタッフ 藤岡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の川口店 「引っ越し中」

Dsc_0036

本日より引越し作業です。

エアコンはずしてあるので暑いです。

このお店での様々な出来事を思い出しながら作業中です。

Dsc_0031

明日からここに商品を搬入です。

土曜日から新店舗での営業です!できるといいな!

パノラマ撮影機能なんてものを最近知ったスタッフ 藤岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週と今日の川口店 「お勉強・商談してきました」

ほぼ先週のお話ですが、17日の水曜日は例によってお勉強会に出てきました。

Image

川口にある問屋さん「東商会」さんのテクニカルセミナーです。

Image_2

EASTONホイールのテクニカルな内容。おいおい、今更?って事情を知る一部の人からツッコミが入りそうですが、私はいつだって技術情報に関しては貪欲です(製品情報はお客さんに教えてもらってばかりですが・・・)。

Image_9

2016年の新製品 EA90SLホイール。リムのワイド化と、チューブレスシステムは軽量化を優先してチューブレスレディに変更。ロードホイールでチューブレスレディとはいかがなものかと常々疑問。

Image_5

新しいハンドルの説明。

Image_7

EC90AEROバー 税抜き35,000円也

Image_8

エース佐藤も興味津々。残念だが君の戦闘機にはつけれないのだよ。

Image_6

セカンドグレードのEC70AEROは税抜き25,000円也。これはお買い得かも。ま、私のポタマシーンにはオーバースペックなのですが。

Image_3

尖ったイメージのレースバイク「サーベロ」のニューバイクについてもお勉強。

Image_4

エース佐藤は左のスペックに属して、私は右側のカテゴリーに属する。

Image_10

東商会さんの新しい取り扱い商品。HALO HEADBANDなるもの、ハローではなくヘイロと読むんですって。

Image_11

触覚からありえないくらい汁をだらだらと垂らすマネキン。バンダナが汗を逃がして目に入ることがない様子がわかります。

Image_12

仕組みはバンダナの裏にあるシリコンのワイパー。これが汗をストップしています。税抜き2,400円也。

Image_13

バンダナタイプもあります。税抜き3,600円也

去年Tさんからお問い合わせをうけていたような、いなかったような。とりあえず当店でも取り扱い可能となりました。

Image_14

お次は写真では良さが全く伝えることができないボトル&専用ボトルケージ。KOALA BOTTLE(コアラボトル)なるもので、マグネットにより固定されているので、ケージからボトルを抜き出すのが容易というもの。とてもシッカリと固定されているのに、簡単に外れて便利そうです。フレームサイズの小さな人向けに横抜きタイプの発売に期待。

ボトルとケージセットで税抜き4,200円也

さて、今日は明日休むために通常業務を抜けてミズタニ自転車さんの商談会へお出かけ。

Dsc_3937

スタッフ辻君が好きそうなカラフルな靴下が沢山。

Dsc_3938

耐久性も高く、履き心地もよいデフィートの靴下です。今なら受注期間中につき通常ラインナップに入らないような柄も予約可能とのことです。

Dsc_3932

お洒落バックや洋服のクローム。なにげに当店は取り扱い登録しているのです。

Dsc_3935

個人的には短パンが欲しいと思った次第。別に自転車用って感じではない。

Dsc_3936

このハンドルバックはカッコいいかもね。

Dsc_3929

MTBライダーにとってはお馴染みのグリップメーカーODIのバーテープ。

Dsc_3930

ちょいクッション性良いタイプ。税抜き3,200円也。

Dsc_3931

細身のパワー重視なタイプ。ともにグリップ感は抜群です。税抜き2,700円也。

ともに質感はトカゲ肌のあのメーカーに似た感じです。値段も少し手頃で、これは良いかも。

Dsc_3928

自転車用ポンチョ。ドイツ製です。風でめくれて危ないという事例が取り沙汰されているようですが、これはハンドルに引っ掛けるベルトもついていて安心♪なにげにポンチョって便利なんですよね。私も通勤で使う時があります。税抜き4,500円也

そんなこんなで、新製品などなどビビッと来た方はお問い合わせ下さい。

明日は休みのスタッフ 藤岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタッフふじおかの夏休み 「四国一周プロジェクト(分割払い)2年目」

1週間の長いお休みを頂戴しておりました。例年この時期は実家に帰省(寄生?)しているのですが、たいてい時間を持て余すので思いついたのが四国一周(分割払い)です。

今年は八幡浜で10万円ゲットしてから宇和島を目指すつもり(昨年のブログ参照)でしたが、あいにくと今年のレースはゴールデンウィークに開催されていたようで時期が合わず。となると、八幡浜から左回りで四国を走るには丁度よい宿舎街があるのは宇和島と宿毛となるわけです。

八幡浜から宇和島までは約60kmと、一日で走るには少々物足りない。次の宿毛を目指すと140kmと結構な距離に・・・。昼過ぎに八幡浜から宇和島まで走って一泊、翌日宿毛までと当初はぼんやり思っていましたが思い切って八幡浜から宿毛まで一日で走りきることにしました。元気であれば二日目はもう少し距離を延ばして走ってみるという具合。

Dsc_3267

そんなわけで松山駅から始発で輪行。ちなみに前日は飲み会で寝不足…。

Dsc_3268

今回は新兵器としてブラックバーンのアウトポストシートパックを導入。一泊二日の荷物には丁度よいサイズ。ストラップで吊るすのでカーボンバイクにも問題なく装着可能です。でっかいサドルバック的なもの。

Dsc_3273

危うく寝過ごすところで八幡浜に到着した時はうす曇。がんがんに晴れているより走りやすく、このままの天気が続けばなぁ…。

Dsc_3274

出発は丁度7時ヂャスト。こりゃわかりやすくて結構結構。

Dsc_3275

下調べはあまりせず、とりあえず海を右に見て走れば間違いないという程度の知識で出発。たぶんこっちだろうと最初の分岐を右に入り、海沿いへ。すると例によってブルーの道調べを発見。

Dsc_3280

冒険とロマンの浜…?

Dsc_3282

なんの変哲も無い場所からアメリカを目指したそうで。誰が?なぜにここらから?着いた先でどうやって何をしたのか?どうやって帰ったのか?教科書に載らない偉人伝です。

Dsc_3283

振り向いたら原付を置いて一服中のおっちゃんが一人。なぜにここで??さまざまな疑問が残ります。

Dsc_3284

おまわりさん発見。

Dsc_3285

悪いこと出来ません。道交法を守らない奴を蝋人形にしてやろうか!

Dsc_3286

また石碑。

Dsc_3287

もう少し具体的な情報を求む。

Dsc_3289

王蟲発見…。

Dsc_3290

横からみたら鯨でした。

Dsc_3294

道の駅到着。

Dsc_3292

まぁ、見事に海岸線を走るもんだからクネクネと。常に対岸がみえるように湾を走っています。さまざまな見所スポットがあるようですが、あいにくと亀さんペースで走っているので寄り道することは叶わず。

Dsc_3293

野福峠やばすぎ。ルートじゃないから走らないけど、ルートだとしても迂回したかもしれない。

Dsc_3295

まんぼう?

Dsc_3298

飼育しているみたいです。なかなかの迫力。

Dsc_3299

晴れてきた。

Dsc_3305

海岸線とはいえ、多少なりともアップダウンはあります。

Dsc_3303

案外しんどいけど眺めは最高。

Dsc_3301

西予ジオパークの辺りはサイクリングにはもってこいの周回コース。しまなみ街道と同じく瀬戸内のすばらしい眺めを楽しめました。

Dsc_3308

さて、国道56号に接続したのちは車どおりも多くなってきます。地味なアップダウンはなく、勾配にメリハリがついてくるので体力的には少し走りやすくなってきました。

Dsc_3306

愛媛といえばじゃこ天。宇和島といえばじゃこ天。老舗を発見。

Dsc_3307

ここからは内陸を走ります。

Dsc_3309

ナイスなトンネル。妙な鳥肌がたつほど涼しいのはどうして?

Dsc_3312

再び海岸。ちょうど100kmの地点でようやく目的地の宿毛までの距離が判明。残り39kmもある。休憩入れた平均時速は約14km・・・。まだ2時間以上も走らなければいけないのかorz

Dsc_3314

再び峠道。

Dsc_3318

日本っぽくない岩肌を撮っていたら。 Dsc_3317

ママチャリ乗った高校生に抜かれました。「チワッス」と元気な挨拶とともにドンドン離されていくのであった。毎日こんなところを通学とは恐れ入りますな。

Dsc_3319

そんなこんなで宿毛に入りました。時を同じくサイコンの電池が切れる。あと何キロかわからない。そしてスマホの電池も切れる。情報から遮断されるという心細さと切なさと少しのワクワク。

Dsc_3320

日が暮れかかってる。

Dsc_3321

山の陽は陰るのが早い。そうこうしているうちホテルにも到着。スマホが事切れているので写真は無い。なんとも残念。

さて、翌日。元気があれば更に進もうと思っていたけれど、心が折れているので続きはまた来年にすることに。素直に帰ることに決める。

宿毛から電車で松山に帰るにはずいぶんと遠回りかつ時間も6時間以上かかる。宿毛~宇和島までがずいぶんと遠回りなのです。そこで思い立ったのが道中なんどもすれ違った宿毛~宇和島のバス。乗せてもらえばラッキー程度にしれっと乗り込む。

Dsc_3322

なんのことなく成功。むしろ運転手さんが「荷物はここに置けばいいよ」と声を掛けてくれることに(≧∇≦)

Dsc_3323

そんなこんなで宇和島まですんなり戻ることに成功。なんとなく南国。

その後はJRで松山までワープ。実に快適。3当初予定の半分の時間ちょいで帰れました。来年からは四国一周はいよいよ高知県に突入です。これまではなんとなく道感があったけど、まったくの未知の領域です。次回もお楽しみに~。

Image

今回の走行データも職場復帰次第キャットアイアトラスにアップしました。15km残したところで電池が切れたので最後までログを取れなかったのが残念。

ところで「宿毛」をシュクゲと読んでいた方、それは間違いですのよ(・∀・)正解は「スクモ」なのです。難読ですねぇ~。

レースのために三輪車を入手してコソ練していたスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の戸田公園店 「お手伝い」

Dsc_3257

川口店から戸田方面に概ねまっすぐ自転車で15分ほど行ったところに「セオサイクル戸田公園店」が7/17にオープン予定です。

今日はスタッフふじおかはその開店お手伝い。

Dsc_3255

日頃一般車の整備も販売もしない者としては良い刺激を受けれます。

Dsc_3256

セオサイクルの店長クラスが集まるとあっという間に仕上がるから不思議・・・。

Dsc_3258

そんなわけで、セオサイクル戸田公園店をよろしくお願いいたします。

場所は埼玉県戸田市下前1-9-20 プティフルールI号室です。

尚、明日はバイシクルセオ川口店は第三木曜日に当たるのでお休みです。ご不便をお掛けしますが、お間違えのないようお願いします。

いつかはママチャリも極めたいスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の川口店 「2016モデル入荷」

つい先日オーダーした2016モデルが早くも入荷しました。

Dsc_3244

このモデルは価格&スペックは2015モデルとほぼ変更ありませんが、2016モデルは案の定各社値上げされてきています。2015モデルから継続になるような車種はお早めに検討されたほうがお買い得です。

ん?何が入荷したのかって。そりゃたまにはお店に確認しに来てくださいよぉ~。

物の価値に対する値段が勝手に変わるという世の中にやりにくく思うスタッフ ふじおか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるひる参戦してきましたーヽ【・ω・】ノその2

いよいよ大会当日!
まずは午前4時に大会駐車場に到着しました。
Img_4202
到着したら着替えと自転車の準備を行います。

前日もらった袋の中に入っている計測タグを取り付けます。
これがないと走っても記録されないので忘れず取り付けましょう。
Img_4200
気を付けないと取り付ける際にホイールのスポークまで一緒に留めてしまい恥ずかしいことに・・・。
準備完了したら会場までアップがてら自転車で移動です。
下山用の荷物も忘れずに持って行きましょう。
01b7864a20a825f7bdb89f783c0c51dfb2e
会場に着いたら荷物を預けてスタートの待機場所に自転車を置いて待機となります。
そして数百人のグループごとに間隔をあけてスタートラインへ。
01002f92c60f2dafd09e2ea84c2d2265815
そしていよいよスタート!
走行中の写真撮影は禁止だということなので(そんな余裕ありませんが)写真は撮れませんでしたが代わりに途中から動画を撮ったのでそちらをどうぞ。


動画は「SHIMANO CAMERA」で撮影しました。
Img_4204

スピード、パワー、心拍などのデータはこちら
Image8



シクロスフィア ハルヒルデータ 2015/5/17
データはpioneer ペダリングモニターで計測しました。

あまり良い数値ではないのでちょっと恥ずかしいですね。


無事ゴールしたら下山もグループごとなので山頂の待機場所でだらだらしましょう。

Img_4206
ここには売店なども出ており、お金以外にもゼッケンについている金券で飲み物や食べ物などを購入することができます。
また、無料配布のものもあるのでお財布がなくても充分休めると思います。
Img_4210
無料配布の甘酒、この甘さが疲れた体に染みます(´・ω・`)
Img_4218
今年もたくさんくれたきゅうりの浅漬、何本かって言ったら20本くらいくれました、多い(゚д゚lll)けどうまい!
Img_4217
今回の速い人組、みんな見た目から速そうですね~。
今回はここであとから登ってくるみんなと合流して記念撮影を撮りました。
Img_4219
皆さんお疲れ様ですヽ【・ω・】ノ
後ろの山はなんなのかよくわかりませんヽ(・∀・)ノ
みんなと合流できたら下山です。

下りはみんな気が抜けてたり周りの方との間隔が広くないので落車やパンクが多いので注意しながら降りて行きます。

下山完了したらあとは完走証と会場で配っているなめこ汁と水をもらって終了です!

今回はうちのお客さんが初心者コースで1位獲りましたー!
おめでとうございまーす!来年は神社コースですね!
スタッフ佐藤は年齢別151/695位、榛名湖コース総合で734/4820位と芳しくない成績でした・・・。来年に期待!
タイムは53分16秒65です。(去年より1分ほど遅いのは言わない方向で・・・)

一緒に参加してくれた皆さんお疲れ様でした!
来年もまた参加しましょう!

ヒルクライム中に眠くなって居眠りしそうになったスタッフ佐藤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧